女性であるがゆえに抱える日常の些細な病気、
気軽に相談できるメンタルヘルスをコンサルティングし、
漢方を主体として治療してゆきます。

診療内容-月経前緊張症

以前は、イライラなどの精神症状が主と思われていたが、体の症状のみを感じる人も多いことから、最近では「月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)」という言葉が用いられ、月経前、体と心に不快症状が出ることです。

■思い当たる症状はありませんか?

<からだの症状>
●下腹部が痛い、重い、張る
● 乳房が張る、痛い
●頭が痛い、重い・のぼせる
●腰、背中が痛い・肩がこる
●手足がいつもより冷える、むくむ・のどが乾く
●にきびがでる、化粧のりが悪い
●肌が脂っぽい、くすむ
●疲れやすい・だるい・眠い・食欲減退・食欲増進
●食べ物の好みが変わる・便秘になる
●関節がスムーズに動かない、おりものが増える

<心の症状>
●イライラする・怒りっぽい・キレやすい
●集中できない・気力がない・ゆううつ
●人に会いたくない・不安、弱気になる・感情が高ぶる
●性欲が高まる、減退する

月経周期にともなう女性ホルモンの変化がきっかけです。
大切なのはセルフケア。基本になるのは次の3つです。

1) 栄養バランスのよい食事
2) できるだけ運動を
3) 自分なりのリラックス法を見つける

■「つらい」「困る」症状の解決法

<その1>
~下腹痛、重い、頭痛、腰痛、肩こり、冷え、むくみ。いずれも血行をよくするのがポイント~
1) おすすめは「半身浴」
2) アロマオイルも活用
3) つらい部分に“温熱療法”…休憩時間、レンジで熱くした タオルをビニールにつつんで、患部に当ててもOK。
4) 仕事をしながらストレッチ

<その2>
~にきび、化粧のりが悪い、化粧崩れ、肌のくすみ、顔のむくみ~
1) 原因は皮脂分泌がふえるから
2) 洗顔のコツ…洗顔は、朝晩2回で十分です。ぬるま湯と冷水を交互に3~4回、時には、ホットタオルを数秒顔に乗せ、そのあと冷水で仕上げ。
3) 化粧品も肌の調子にあわせて…妊娠をきっかけに、化粧品が合わなくなることも、すくなくありません。PMSの起こる月経前も、妊娠中とホルモン分泌は似た状態で、そのために、普段の化粧品が会わなくなることも有ります。

<その3>
~疲れやすい、だるい、眠い、イライラ、集中できない、不安、ゆううつ~
PMSによる症状と自覚するだけでも楽に!
1) PMSの時期だから
2) 変化にしなやかに付き合う…女性のホルモンサイクルが関係する不調です。それは逆に言えば、月経をおこすホルモンサイクルが順調であるという証です。この時期の私は、「こう言うもの」とある程度、割り切っておくのも大切です。
3) 早寝早起きの生活を…生活のリズムを整えることも必要です。PMSかと感じる時期は、アフターファイブの付き合いもひかえ、早寝早起きを心がけましょう。

■それでもすっきりしない時は、薬も上手に活用を。
1) 産婦人科医はアドバイザー
2) 薬の利用法
1. 痛みの症状があまりにも辛い時には、鎮痛剤を。非ピリン系ではなく、アセトアミノフェン系が合うかも。
2. むくみが取れないは、利尿剤も必要かも。
3. ゆううつ、不安感が強いときは、軽い精神安定剤を。
4. その人の、ライフスタイルによっては、低用量ピルで月経をコントロールする方法もあります。

Copyright(c) 2015 hatosanhujinka All Rights Reserved.