女性であるがゆえに抱える日常の些細な病気、
気軽に相談できるメンタルヘルスをコンサルティングし、
漢方を主体として治療してゆきます。

症状からの漢方処方

<症状>
体内の水分の偏在(組織内や消化管内の水分貯留)に用いるべきで、脱水には禁忌。熱証を呈するときは、単独では用いない。

<漢方薬の名称>
五苓散(ごれいさん)

<病名>
1. 頭痛。特に気圧の低下に伴って起こる緊張型頭痛。
2.

水様物の嘔吐(噴水状で悪心を伴わない)・口渇・飲むとすぐに吐く・水様の下痢などの胃腸症状。悪寒・発熱・頭痛を伴う事がある。特に冬季のロタウィルス感染症の初期

3. 仮性近視
4. 浮腫・水腫で尿量減少を伴う:肝硬変・ネフローゼ症候群・慢性腎炎などの浮腫に補助的に用いる。
5. 二日酔い
Copyright(c) 2015 hatosanhujinka All Rights Reserved.